ヒアリの毒

ヒアリの毒はソレノプシンというアルカロイド系が95%含まれています。

身近なところではニコチン、カフェイン、コカイン、コニインなどのアルカロイドの仲間です。

ソレノプシンの毒作用としては、呼吸困難が挙げられます。

小さなお子さんが、もし、あやまってヒアリの巣を踏んでしまう・・・といったことがあると、

一度に沢山のヒアリに刺されますので、呼吸困難で死亡するケースもありますので要注意です。

ほか、間接的に、アレルギー反応を引き起こし、アナフィラキシーショックから死亡するケースも見られます。


にほんブログ村 その他生活ブログへ
人気ブログランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です