ヒアリの天敵!?:おねがい。在来種をむやみに殺さないで。その子はなにも悪いことしてないよ・・・。

ヒアリの原産地、南米にはヒアリの天敵がいるため

現地では優占的なアリではないようです。

中でも一番の天敵は、アリ類。

アリの種数の多様性が餌や営巣地といった同じ資源をめぐるライバルとして

ヒアリの暴走を押さえ込んでいると考えられます。

(「ヒアリの生物学」参照)

しかし、アリ類よりも更に強力な天敵が

ヒアリに寄生、捕食する微生物や寄生バエ、寄生バチなど。

これまでに

  • 微生物10種
  • 線虫3種
  • ノミバエ18種
  • 寄生バチ1種

が主な天敵として確認されています。

しかしながら、ヒアリは外来種なため日本に天敵はいないのが実情です。

ー2017年7月9日以下追記ー

兵庫県ひとはくの橋本さんツイートでは

フロリダでヒアリ有翅メスの創巣成功率を調べた論文.在来アリ密度が高いと120日間i生き延びたのは0.5%だったが,在来アリを減少させると5ヶ月後に19%がアリ塚を作るまでに成長したとか.地元の友は大切に.

https://twitter.com/Anthunter1212/status/882995556892655616

とのことですので、

日本でも在来種のアリがヒアリの拡大防止に貢献する可能性があると考えられます。

アリだから怖い→何でもかんでも殺虫

というのは、控えたほうがよさそうです。

・・・というより、是非、辞めてください。

でも、家にアリが入ってきて困ってる・・・と言うような、実害がある場合には

仕方ないです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
人気ブログランキング

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です